更新日: 2024年02月18日

石炭と油の匂いがたまらない!盛岡車両センター SL検修庫見学&撮影イベント!

2023年6月に最終運行を終えた花巻駅~釜石駅間を運行していたSL銀河。SL銀河の牽引機であった蒸気機関車のC58239は、盛岡駅に隣接する盛岡車両センターSL検修庫で休んでいます。
今回の記事では、SLの検修庫の見学や撮影ができるツアーをご紹介します。普段は入れないJR東日本の盛岡車両センターSL検修庫で、存分にSLを堪能してみませんか?

盛岡車両センター SL検修庫見学&撮影ツアーとは?

SL検修庫見学ツアー 出典:https://www.jreastmall.com/shop/c/cJ1/
2023年6月に最終運行を終えた花巻駅~釜石駅間を運行していたSL銀河。SL銀河の牽引機であった蒸気機関車のC58239は、盛岡駅に隣接する盛岡車両センターSL検修庫で休んでいます。

JR東日本の通販サイトJRE MALLの盛岡支社ショップでは、SLの検修庫の見学や撮影ができるツアーが開催されます。日付や、開催時間は複数メニューあるようなので、ぜひ公式サイトで鉄道イベントを確認してみてください。

普段は入れないJR東日本の盛岡車両センターSL検修庫で、存分にSLを堪能してみませんか?

【盛岡車両センター SL検修庫見学ツアー】
・JRE MALL鉄道イベントとして販売
・価格:2,000円(税込)
※詳しい商品情報は商品ページをご覧ください
「盛岡車両センター SL検修庫見学&撮影ツアー」はこちら

普段は入れない、盛岡車両センターSL検修庫での鉄道イベント体験!

盛岡車両センターSL検修庫の転車台
盛岡車両センター SL検修庫見学&撮影ツアーは、盛岡車両センターSL検修庫にて開催されます。

盛岡駅西口から南へ歩くこと約5分で、盛岡車両センターSL検修庫に到着します。
見えてきたのは、茶色の大きな転車台です。転車台は、車両の向きを変える装置で、この転車台でC58239の向きを変える為に使用しているそうです。
「盛岡車両センター SL検修庫見学&撮影ツアー」はこちら

盛岡車両センターSL検修庫で静かに休む C58239

SL検修庫で静かに休む C58239
2023年6月に最終運行を終えたC58239は、SL検修庫で静かに休んでいました。煙突からモクモクと煙を出し、釜石線を駆け抜けていたのが嘘のように感じます。

検査修繕の担当者がSLを解説!

検査修繕の担当者とSL
SL検修繕庫の前で参加受付を行い、SL検修庫見学&撮影ツアーがスタート。

C58239の検査修繕を担当しているJR東日本社員が、蒸気機関車が動く仕組みについて解説をしてくれます。石炭を燃やして水を加熱して蒸気にし、更に加熱してピストンへ。1分の1サイズの蒸気機関車を使った理科の授業のようで、参加していたお子さんは夢中で聞き入っていました。
参加していたお子さん「ここには何があるの?」と質問をすると、SL検査修繕担当の社員さんは「この中にピストンがあって、ここから蒸気の力が動輪に伝わっていくんだよ。」と、参加者の質問にひとつひとつ解説をしていました。

普段、疑問に思っていたことが、直接聞いて、見て、感じることができる。JR東日本の鉄道イベントだからこその体験ですね。
【鉄道イベント】SL検修庫見学&撮影ツアー

SLと距離が近いので、大迫力のSLが撮影できます

検修庫で休むC58239
静かに休むC58239は、火は燃やしていないものの、C58239の車体からは、石炭や油の匂いが漂い、今にでも動きそうな雰囲気を感じます。この独特の匂いがたまりません。
検修作業で使用する器具が並ぶ
SL検修庫内には、検査修繕に使用する道具が保管管理されています。国鉄時代から使用されている道具も保管されており、大事にC58239を検査修繕されていることを感じます。

普段は入れない盛岡車両センターSL検修庫ならではの発見がたくさんありました。

SL検修庫見学&撮影で鉄道イベントで、存分にSLをお楽しみください!

SL検修庫見学ツアー 出典:https://www.jreastmall.com/shop/c/cJ1/
約1時間のSL検修庫見学&撮影イベントでしたが、解説を聞いたり、撮影していたりしていると、あっという間に終了の時間になってしまいました。

石炭と油の匂いを感じながら、C58239の検査修繕を担当しているJR東日本の社員さんの解説を聞くことが出来るのは、盛岡の地でしか体験できない内容でした。

様々な日程や時間でイベントが提供されていますので、ぜひあなたもSLを間近に見られるSL検修庫のイベントに参加してみてはいかがでしょうか!
【鉄道イベント】SL検修庫見学&撮影ツアー

\ SNSでシェア /