更新日: 2024年03月23日

紫外線対策入門編。UVカットの基礎知識からおすすめ商品まで解説!

太陽の光が暖かく心地よい季節になると、紫外線対策が必要になってきます。紫外線は肌にさまざまな影響を与えるため、必ず対策しなければなりません。この記事では紫外線対策の基本から日焼け止めの正しい付け方、さらにおすすめの紫外線対策グッズなどを解説します。しっかり読んで、強い日差しに備えてください。

紫外線対策(UVケア)とは?

紫外線対策のイメージ画像
紫外線は私たちの肌に多くの影響を与えます。その影響を最小限に抑えるためには、適切な紫外線対策が欠かせません。目に見えない紫外線だけに日常生活で肌を守ることが重要になるのです。この記事では、その紫外線対策の基本について詳しく説明します。

紫外線を英語で書くと「Ultra Violet」。その頭文字をとって、紫外線対策は「UVケア」と表現されることも多いのですが、この記事では混乱を防ぐため紫外線対策と表記します。

■紫外線対策の基本

紫外線対策は、肌を紫外線から保護するためのスキンケアです。夏だけでなく、日差しの弱い季節でも紫外線は存在するため、外出する際には必ず紫外線対策を心がけましょう。

紫外線は肌の深部にあるコラーゲンやエラスチンなど肌の弾力性に欠かせない成分に影響を与え、たるみやシワの原因となります。また、メラニン色素の過剰生成によってシミを発生させる可能性もあります。

■紫外線対策の方法は2つ

紫外線対策の基本は「日焼け止めの塗布」と、日傘や帽子で「物理的に日差しを遮る」ことです。

日焼け止め製品とは紫外線を吸収または散乱して、肌を保護するクリームです。肌が露出している部分だけでなく、衣服で覆われている部分にも日焼け止めを塗布しましょう。

日傘や帽子を活用するのも、手軽にできる紫外線対策です。紫外線対策加工が施された日傘を使用したり、帽子をかぶったりすることで紫外線から肌を守ります。紫外線は通常の布地を透過するので、必ず専用の製品を選んでください。

SPFとPAの違い

紫外線SPFとPAの違い
肌を紫外線から守るために、日焼け止めは必須アイテムです。その日焼け止めを購入する際、パッケージに「PA」と「SPF」と表記されているのを目にしますが、両者にはどのような意味があり、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

■PAとは?

UVAと呼ばれる紫外線A波は肌深くまで浸透し、コラーゲンやエラスチンにダメージを与えます。そのUVAを防ぐ強さを示す指標が「PA」です。PAとは「Protection Grade of UVA」の略で、PAの後ろについた「+」の数が多いほどUVAに対する保護効が高くなります。

■SPFとは?

SPFは「Sun Protection Factor」の略で、サンバーン(肌が赤くなる日やけ)の原因となるUVB(紫外線B波)を防ぐ指標として用いられます。その数字が大きいほど効果が高く、最大で「50+」と表示されます。

日焼け止めの正しい使い方

紫外線対策に必要な日焼け止めクリームの画像
日焼け止めを効果的に利用するためには、正しい方法で使わなければなりません。ここで紹介するポイントに留意して、日焼け止めの効果を最大限に引き出しましょう。

■適量

日焼け止めを使用する際は、適切な量を塗布しましょう。塗る部位や面積によって必要な量が異なるため、適切な量を確認し、必要であれば何度か重ね塗りしてください。節約のために少量しか塗らないと、効果が得られず却って無駄になる可能性があります。必ず、規定量を守りましょう。

■塗り方

日焼け止めは顔や体全体に均等に塗布してください。塗りムラがあると、シミやたるみ、シワの原因になります。背中など手の届きにくい部位は友人や家族に手伝ってもらうか、適切な道具を使用して塗布しましょう。顔に塗る際には、両ほおやおでこ、鼻、あごに日焼け止めを適量置いて、円を描くように馴染ませます。顔全体に均一に塗布することが重要です。

耳や首の裏、背中、胸元など、見落としがちな部位にもしっかりと塗り込んでください。紫外線は、地面に反射して全身に影響を与えるため、見えない部位にも塗布しましょう。

■適度に塗り直す

日焼け止めは汗によって流れやすいため、2〜3時間ごとに塗り直しましょう。SPFの値が高くても、汗によって流れてしまえば効果が失われます。特に夏季は汗をかきやすいため、状況に応じて頻繁に塗り直さなければなりません。

JRE MALLで揃う紫外線対策グッズ

オゾンホールの影響によって紫外線の影響は年々深刻化しており、肌へのダメージや健康への影響が懸念されているので、日焼け止め対策は必須です。

お得にポイントが貯まるショッピングサイト「JRE MALL」には、幅広い紫外線対策グッズが揃っています。ここでは日常使いできる人気アイテムを紹介するので、これからの紫外線対策に役立ててください。

日焼け止め

ANESSA(アネッサ)パーフェクトUV スキンケアミルク NA 60mL SPF50+/PA++++ [日焼け止め] 出典:https://www.jreastmall.com/shop/g/gS248-4909978147105/
シミを防ぎ、素肌を美しく保つ日焼け止めです。動きによってできる日焼け止めのヨレや隙間を、自ら修復するオートリペア技術が用いられています。顔や体にも使え、石鹸で簡単に落とせるため、デイリー使いに最適です。

【商品名】ANESSA(アネッサ)パーフェクトUV スキンケアミルク
【スペック】SPF50+/PA++++
【内容量】60mL
【価格】3,058円(税込)
JRE MALL「ANESSA(アネッサ)パーフェクトUV スキンケアミルク」の詳細はこちら

日傘

紫外線対策に必要な日傘の画像 出典:https://www.jreastmall.com/shop/g/gS299-304680-REFI/
華やかなデザインの日傘にして、雨の日には通常の傘としても使用できる、晴雨兼用タイプです。親骨と受け骨はグラスファイバーで作られているので、丈夫で折れにくいことも特徴です。紫外線を95%以上カットする生地を使用しているので、肌をしっかりと守ってくれます。

【商品名】折りたたみ傘 晴雨兼用 グラスファイバー 55cm UVカット
【使用時のサイズ】全長約46cm、親骨の長さ約 55cm、直径約 98cm
【価格】1,290円(税込)
JRE MALL「折りたたみ傘 晴雨兼用」はこちら

日焼けしてしまった場合のケアは?

日焼けを気にする女性の画像
いくら対策をしても、日焼けをしてしまうことはあるでしょう。日焼けしてしまったら、しっかりとアフターケアをしなければなりません。具体的な方法は、以下の2つです。

肌を冷やす
肌を保湿する

日焼けした肌はまず冷やす必要があります。日焼けした肌はやけどと同じ状態にあるからです。炎症を起こした肌に流水や氷、保冷剤、そして濡れタオルなどを使用して、熱をしっかり取り除きましょう。

肌の熱をとったら保湿してください。日焼けした肌は紫外線によるダメージで水分が失われているため、たっぷりと水分を補給しましょう。肌はデリケートになっているので、優しく丁寧に保湿してください。

やってはならないことは摩擦を与えることです。弱った肌に悪影響を与えるため、こすらないように気をつけてください。

JRE MALLで紫外線対策グッズを揃えて、夏に臨もう!

紫外線対策は10代から始めるのが理想的です。
今の肌に問題がなくても、30代や40代になると肌トラブルが顕著になることがあります。もちろん、何歳からでも対策は必要です。「今からやっても無駄」と思わず、しっかりと対策していきましょう。

JRE MALLには、紹介したアイテムの他にも、さまざまな紫外線対策グッズが揃っています。特に紫外線が強い5月になる前に、対策グッズを揃えておきましょう。
JRE MALLで紫外線対策グッズを探す

\ SNSでシェア /

アクセスランキング

2024年のゴールデンウィークはいつ?連休中のお出かけにおすすめ、関東のネモフィラ畑7選! 1

2024年のゴールデンウィークはいつ?連休中のお出かけにおすすめ、関東のネモフィラ畑7選!

数量限定!対象のSuicaのペンギングッズ購入で、ハードケースプレゼント! 2

数量限定!対象のSuicaのペンギングッズ購入で、ハードケースプレゼント!

懐かしい国鉄型気動車!トロッコ列車「キハ48形びゅうコースター風っこ」の撮影会が鉄道イベントに登場! 3

懐かしい国鉄型気動車!トロッコ列車「キハ48形びゅうコースター風っこ」の撮影会が鉄道イベントに登場!

2024年4月20日(土)秋田駅芝生広場でさんど市「秋田エキマエ伝承あそび」イベント開催! 4

2024年4月20日(土)秋田駅芝生広場でさんど市「秋田エキマエ伝承あそび」イベント開催!

ゴールデンウィークに行きたい!東京・横浜・川崎のグルメイベントおすすめ5選!肉フェス®やビールフェスなど 5

ゴールデンウィークに行きたい!東京・横浜・川崎のグルメイベントおすすめ5選!肉フェス®やビールフェスなど