さくらんぼ
「さくらんぼ」でタグ付けされた記事一覧です。JRE MALL Mediaには「さくらんぼ」に関する記事やご案内、便利な情報が11件掲載されています。
さくらんぼの記事一覧(11件)

首都圏初出店も!JR新宿駅「わたしの地元マルシェ~山形~」開催!

2024年6月21日(金)~6月23日(日)の3日間、JR新宿駅ミライナタワー改札外にて「わたしの地元マルシェ~山形~」を開催!山形県の旬の美味しいさくらんぼや、山形県の食・地酒・名産品など、JR東日本社員のおすすめの商品を販売します。首都圏・新宿初出店の店舗も登場!この機会にぜひお出かけください♪

紅秀峰はどんなさくらんぼ?佐藤錦との違いや特徴、お得に手に入れる方法を紹介します!

「紅秀峰」(べにしゅうほう)というさくらんぼを聞いたことはあるでしょうか?さくらんぼと聞くと佐藤錦を思い出す方も多いと思いますが、紅秀峰も山形県で生産されている魅力たっぷりなさくらんぼの品種の1つです。 この記事では紅秀峰の特徴や佐藤錦との違いについて解説します。紅秀峰をふるさと納税でお得にゲットする方法も紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

伊達政宗で知られる伊達氏発祥の地「福島県伊達市」は全国有数の桃の産地!

福島県伊達市(だてし)は、広大な山々に囲まれた自然豊かなまちで独眼竜 伊達政宗公で有名な伊達氏発祥の地として知られています。 そんな「歴史的なまち」というイメージが強い伊達市ですが、実は全国有数の桃の産地なんです。今回は、伊達の桃をはじめ伊達市の魅力的な名産品をご紹介!どれもふるさと納税で受け取れる返礼品になっていますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

山形・寒河江「さくらんぼ狩り&ジェラート券」が「TOHOKU MaaS」に登場!

今まさに旬の「さくらんぼ狩り」と「人気のジェラート」が山形・寒河江で楽しめる贅沢チケットが、スマホひとつで移動、観光、グルメまで堪能できるサービス「TOHOKU MaaS」に新たに登場しました。 さくらんぼの里、山形・寒河江で甘くて瑞々しいさくらんぼの食べ放題と、地元で人気の名物ジェラートを堪能しませんか?

佐藤錦とは?ふるさと納税で入手できるおすすめ品3つを紹介!

さくらんぼの名産地として知られる、山形県で育まれたさくらんぼ「佐藤錦」。甘みと酸味のバランスが絶妙であり、非常にジューシーなことから、全国的に高い人気を得ています。美しい見た目も喜ばれており、色鮮やかで光沢のあるビジュアルも大きな魅力です。今回は「佐藤錦」の魅力や誕生秘話、ふるさと納税の返礼品としておすすめな商品を紹介します。

【赤い宝石】さくらんぼがふるさと納税で大人気!魅力や品種の特徴を紹介

初夏の訪れとともに短期間だけ出回るさくらんぼは、ふるさと納税の返礼品でも人気の品です。さくらんぼといえば「佐藤錦」が有名ですが、他にも人気でおいしい品種があります。 今回は、さくらんぼの魅力や返礼品として受け取れるさくらんぼの品種、上手な保存方法まで幅広くご紹介します。

さくらんぼが旬な季節は?佐藤錦や紅秀峰など品種の違いや美味しさの見極め方も解説!

さくらんぼは春から夏の始まりにかけて収穫される果物で、山形県を中心とした地域で多く生産されています。産地や品種によって美味しい時期や味も異なるため、旬の時期を覚えておかなければいけません。この記事ではさくらんぼの旬な季節と産地、美味しいものの見極め方などについて解説します。

さくらんぼの栄養と健康効果とは?美容と体調管理に役立つ効能も紹介

さくらんぼは、美容と健康の手助けとなる栄養素を豊富に含む果物です。この記事では、ビタミンやアントシアニンなど、さくらんぼに含まれる栄養素と、それらが美容や健康に及ぼす効果を掘り下げて解説します。美しさと健康を求めるなら、国産の新鮮なさくらんぼを適度に取り入れてみるのがおすすめです。

さくらんぼの栄養・効能から、旬の時期・保存方法まで解説

初夏の訪れを告げる宝石のような果実、さくらんぼ。その見た目と美味しさだけではなく、私たちの健康を支える豊富な栄養素がぎゅっと詰まっています。 この記事では、さくらんぼの栄養素と、その驚くべき効能について詳しくご紹介します。さらに、さくらんぼを美味しく食べられる旬の時期の選び方や、美味しく食べるための保存方法、お得にゲットできる方法なども合わせて解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

ふるさと納税はしないほうがいい?メリット・デメリットを解説!

「ふるさと納税ってしないほうがいいの?それとも…」このような疑問を抱いている人は、大勢いらっしゃるでしょう。この記事ではふるさと納税のメリットやデメリットとともに、活用しないほうがいい場合について解説しています。 ふるさと納税には返礼品をもらえる、税金が控除されるというメリットがありますが、誰にとってもメリットが大きい方法とは限りません。一人ひとりの状況に合わせて活用することが大切です。